qaエンジニアの不安について

qaエンジニアは、ソフトウェアの品質管理を行うエンジニアです。この品質管理には専門的な知識が必要になりますが、現在この仕事に人手不足の問題を抱えている企業が多く、未経験の人も募集している求人も存在します。そのため、qaエンジニアに関する知識や技術が無くても仕事に対しての興味や業務を意欲的に学び取る姿勢があれば、就職できるチャンスがあるのです。
しかし、人手不足の問題は就職の窓口の広さと同時に、一人当たりの仕事が増加して激務に悩まされる危険性があるという不安面もはらんでいます。
企業によっては未経験の人であっても満足な研修をさせずに本格的に業務に参加させたり、サービス残業を実施させたりなど、劣悪な労働環境を提示するところもあるので、労働条件や給与面に関しては徹底的なリサーチを行うことが求められるでしょう。
また、コミュニケーションが苦手な人にとってもこのしごとは不安が付きまといます。
qaエンジニアの業務の特徴として、複数人がチームを組んで仕事をしていくという点があります。各自で細かい作業を分担していく形になるので、チーム内での連携は非常に重要なものになるのです。
そのため、職人的に一人で黙々と作業を進めていくということを信条にしている人は、考えを変えて協調性をみせていかなければならないでしょう。
このように、需要が高い一方で、人員不足という事情からくる労働環境、チームを組む上でのコミュニケーションという面に不安がある職業でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です